クレンジング人気ランキング

貴方に合ったクレンジング剤を使ってますか?

貴方はクレンジング剤をただなんとなく選んでしまってはいませんか?もし、貴方に合ってないクレンジング剤を使ってしまっていてはそれだけで、お肌の状態を悪くしてしまっているかもしれません。それだけクレンジングって美肌には大事なことなんですよね?でも、オイルクレンジングやミルククレンジング…なんていろいろあって、正直どんな違いがあるのか分からないと思います。こちらで解説していきます、ぜひご参考に!

クレンジングの人気ランキングとは?

クレンジングにはたくさんの種類があり、クレンジング剤もいろいろと販売されています。
このところ人気になっているクレンジングについてランキングされたものを調べてみましょう!

 

2009年度のYAHOO!ビューティーでクレンジング部門でNo.1に輝いたオルビスのクレンジングは、リーズナブルでありながら汚れをスッキリ落としてくれるところが人気です。
成分はオイルフリーで、使用している洗浄成分が植物由来ということも人気の理由です。

 

あの美容研究家IKKOさん愛用している「セラムデュー」というクレンジング美容液も、通販で買えるとすごい人気です。
全然オイルを使っていないことで肌への負担の心配がなく、洗った後は潤いとサッパリ感を感じることができます。

 

その他にもファンケル化粧品やはちみつでも人気の山田養蜂場で発売しているクレンジング剤なども人気を得ています。

 

クレンジングのランキング結果というものもユーザーの声で順位が変化しますが、毎回上の方にくる商品というのはだいたい同じです。
各ユーザーが長い期間愛用しているということが解る情報と言ってもいいでしょう。
人の肌というのは、年齢や環境状況によって変化し続けていきます。
それに合わせて柔軟に、一番合ったクレンジングを効果的に使い分けるのが望ましいでしょう。

 

どんなクレンジングが良いか悩んだ時は、ランキングの上位にどのクレンジングがあるか調べてみると良いかもしれません。
はじめはお試し品で比べてみれば、ぴったりなクレンジング剤を見つけることができるはずです。


クレンジングの選び方はどうすればいいの?

敏感肌、乾燥肌、オイリー肌といった具合に、いくつかの肌質に区別されますが、どのようなクレンジング剤を選ぶかということも、肌質によって違ってきます。

 

適切でないクレンジングを使用するようなことがあると、肌アレなどの異常を起こしてしまう可能性が高くなってしまうからです。
クレンジングには、タイプ別に今人気があるオイルクレンジングまたジェルタイプ、乳液状のものやジェル状のものなどさまざまです。
各商品にメリットやデメリットがありますので、現在の自分に適したタイプを選ばなければなりません。

 

ばっちりメイクでもオイルクレンジングなら簡単に落とせることから人気が高くなっていますが、特に乾燥肌の方にはお肌のバリア機能成分まで洗い流してしまう場合があり、使用は適さないでしょう。
オイルクレンジングを用いる時は、メイクに馴染んだら素早く洗い流すようにしましょう。
乾燥肌やアトピーに悩まされている方は、ノンオイルのクレンジング剤を使う方が必要な油分が守られますのでいいと思います。
敏感肌の方なら、オリーブオイルなどに代表される自然由来のオイルが入っているクレンジングが適しています。
俗にいう混合肌で、場所によってオイリーだとか乾燥するとかいう方の場合は、クレンジング剤を2種類使用するということもできます。

 

人気のオイルクレンジングはアイメイクや口紅落としに使って、その他の部分にはミルクやジェルなどのクレンジングを用いるというのも賢い方法です。
雑誌などで人気が高いクレンジング剤も、今の貴方のお肌にビッタリ合うとは限りません。
はじめは自分の肌質をしっかりと理解し、それに適したクレンジングを使うことが重要になります。
間違ったクレンジングで肌アレなどのトラブルを起こさないように十分な注意を払いましょう。

参考:アテニアクレンジング口コミ暴露!危険成分ある?【ニキビ効果は?】



30代40代の間で人気のクレンジングは?

クレンジング後に洗顔剤でW洗顔をすると肌に良いと知り合いに聞いたのですがその際、洗顔石鹸と洗顔フォームどちらを選べば良いのでしょうか。

メリット・デメリットを比較してみましたので参考にしてください。

固形石鹸のメリットとしてはなんといっても天然由来の成分でできているので肌に安全という安心感や泡立てさせるのが難しいので少量を使うことになり結果的に長持ちすることが挙げられます。

デメリットとしては、保管方法を間違えると細菌が繁殖しやすいことなどがあります。

洗顔フォームのメリットとしてはネットを使わなくてもふわふわの泡ができることやプラスチックの容器に入っていることが多いので清潔に保ちやすいことです。

デメリットとしては肌へのダメージがあるとされる合成界面活性剤が必ず入っていることです。

肌のことを考えるとクレンジングではどういったことに注意したら良いのでしょうか。

メイクを落とし綺麗にすることをクレンジングと言われています。

そのため、シートタイプやオイルタイプなど様々なメイク落としがありますが、これらの多くはメイクを落とすために洗浄力が高いことも多く肌への刺激を考えると心配だという人も多いようです。

そういった刺激が心配な方におすすめなのが洗顔石鹸です。

洗顔用に作られているので肌への刺激が弱くなっています。

その代わりに洗浄力が少し落ちてしまうので時間はかかってしまいますが刺激を抑えつつメイクや汚れを落とすことができます。

選ぶ際は実際に使っている人の口コミなども参考になります。

スキンケアで最も重要だと言われていることがクレンジングです。

その際、シートタイプやオイルタイプなど色々な種類があります。

一例としてシートタイプの場合、簡単にメイク落としができる反面、拭く力で肌に刺激を与えてしまうと言われているなど良い特徴・悪い特徴もあります。

どのタイプでも注意して欲しいのはパッケージに洗顔必要と記載されてある場合は洗顔石鹸での洗顔も行なうことをおすすめします。

その理由としては汚れにはメイクなどの油性の汚れと汗やほこりなどの水性の汚れがあるためどちらか一つでは対応しにくいからです。

最近では両方の汚れを落とせる商品も出ているようですが自分の肌質に合った方法、洗顔剤を見つけてください。

オイルやジェルでメイク落としをするとダメージがあると聞いたことはありませんか?実際にシートタイプの場合は強力な洗浄力によるダメージ以外にも拭く力でさらなるダメージがあります。

そのためメイクを落とすためのクレンジング時に天然由来の成分で肌に優しい洗顔石鹸を使う人も多いです。

また、メイク落としをした後に化粧水などでケアしている人も多いと思いますが「美肌の基本は洗顔」と言われるくらい重要となっておりオイルやシートでメイク落としをした場合でも古い角層や老廃物が毛穴に貯まっていると根本的な解決にはなりません。

W洗顔不要という商品も中にはありますがメイクを落とせるということは強力な洗浄力を持っている成分が入っているということにもなります。

ネットを見ているとクレンジング後に洗顔を行う方がいいと出てきますが洗顔の際、洗顔石鹸で行うと良いと書いてあることも多いです。

なぜ石鹸の前に「洗顔」とついているかというと洗顔クリームなどの天然由来の成分で作られている石鹸以外のこの2つの大きな違いとしては、化粧石鹸は顔を含めた全身を洗うための石鹸となっておりもう一つは顔を洗うことだけに目的を特化させているからです。

販売している店舗のスタッフに聞いたところ、全身の皮膚の厚さが約2mmなのに対し保管方法に注意をしたら気にすることはありません。

全身用の化粧石鹸で洗ってしまうと肌の潤いを守る皮脂まで洗い流してしまう可能性があるので洗顔に特化した石鹸があるそうです。

メイクを落とすためのクレンジングフォームですが最近では肌への負担に関心を持つ人が増えてきているそうです。

そういった懸念を持つ方たちの中にはメイク落とし後に洗顔石鹸で洗顔をしている人もいるようです。

できるだけメイク落としなどに時間をかけたくない方の中にはクレンジング効果もある洗顔剤を利用しているというパターンもあると思いますがこういった複数の効果を受けられるアイテムの場合、どうしても単品の効果に比べると弱くなってしまいます。

また、しっかりメイクをする平日に合わせてメイク落としの強さを選ぶと薄めのメイクをする休日には刺激が強すぎて肌にダメージがくることもあります。

そのため、メイクの濃さなどのシチュエーションに合わせて使うアイテムを見極めていきましょう。

生活用品の脱臭炭のように脱臭効果があることはご存知な方も多いと思います。

これは目に見えないくらいの小さな穴に匂いが吸収されるから起きる現象となっておりキッチンなど様々な場所の匂いが炭の力で改善されます。

では、メイク落としをはじめとしたクレンジングで使う洗顔石鹸ではどんな効果が得られるのでしょうか。

調べてみたところ、石鹸になったからといって脱臭効果だけでなく炭素の働きで肌サビを防いだり、血行をよくしてくれるアンチエイジング効果も発揮されるようです。

また、どうしても石鹸の色が黒くなってしまうので心配になりますが泡立てると白い泡ができるので安心して使えます。

ドラッグストアで買い物をするとたまにサンプルをもらうことがあります。

化粧水などがもらえることもあれば、メイク落としなどのクレンジング剤の場合もあります。

その際、普段からよく使っている商品のサンプルなら安心ですが余り使わない商品の場合、肌質にあうか不安になります。

もし体質に合っても肌に与えるダメージが心配という人もいるようです。

そういった方の多くは肌に優しい天然由来の成分で作られている洗顔石鹸でメイク落としを行っているようです。

石鹸を選ぶ際にも他のメイク落としや化粧品と同じように乾燥肌の方にはホホバオイルなどのオイル成分が含まれているものを選ぶなど含まれている成分に気をつけてスキンケアしましょう。

みなさんはメイクを落とす際に使うクレンジング用品をどのような条件で選んでいますか?仕事などで忙しくて時間のない方は簡単に落とせるシートタイプを選ぶ人も多いと思います。

こういったドラッグストアなどで市販されているメイク落としは肌に与えるダメージを考えるとあまり推奨できません。

肌の健康という面を考えると天然由来成分の洗顔石鹸を使いたいところです。

天然由来の成分で構成されているので肌へのダメージが弱くなる反面、メイクなどを落とす力も少し弱まってしまうのでメイク落としの時間がかかってしまう短所もあります。

みなさんの生活習慣や肌質などに合わせて選んでください。

クレンジングムースなどでのメイク落としは刺激が強いと聞いて低刺激なものを探していくと天然由来の成分でできた洗顔石鹸お勧めされます。

確かに、薄いメイクの場合はこれでも大丈夫という人もいますがしっかりメイクをしている状況では綺麗にメイクは落ちないです。

なぜかというとクレンジングフォームと石鹸で落とせる汚れの違いがあるからです。

石鹸では、汗やホコリなどの水性の汚れは落とせるのですがメイクなどの油性の汚れは落とせません。

そのため、一番良いとされているのがメイク落とし後に洗顔をすることです。

洗顔用の石鹸を使う理由としては、全身の皮膚の厚さが2mm程度あるのに対し顔の皮膚は0.6mmと薄くなっておりよりデリケートな部分だからです。